月別アーカイブ: 2010年1月

金曜ロードショー『もののけ姫』を観て

いや~。アニメーションって本当に素晴らしいですね。


アニメーションってのは首をちょん切ったり、草木を生やしたり
何でも出来るんです。つまり、表現の制限が全く無いんですよね。

黒沢明監督が「1シーンの為に民家を壊した」
なんてエピソードがありますが、さすがに今では・・・
北野武監督でもなかなか難しいでしょう。
という事は結局どこかで妥協が生まれる訳です。

アニメーションはそんな事考える必要すら無い訳ですね。
全てを思いのままに表現できるんです。
だからアニメーションは最強なんです!

メロディーの行く末は・・・

メロディーに対しての考察を書きます。(あくまで僕のです)
メロディーの行く先というのは3パターンしかありません。

(1)同じ音を継続する。例:ド→ド
(2)隣の音に移動する。例:ド→レ
(3)いくつか飛んだ先に移動する。例:ド→ソ

(1)が多いメロディーは 覚えやすく 歌いにくい。
(2)が多いメロディーは 覚えやすく 歌いやすい。
(3)が多いメロディーは 覚えにくく 歌いにくい。

ということは(2)が最強なんですが、(2)だけではダメです。
(何かと)同じメロディーになる可能性が高いですし、
つまらないという印象になりやすいので。
少なくとも2小節に1回は飛ばすと良いと思います。

(1)は行く場所が無くなった時の最終手段として使えるので、
最初から意識する事はあまりしない方が良いかもしれません。


でも結局は「ふと頭に浮かんだメロディー」が正解なんですけどね。