カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

たっきゅう

世界卓球をみてて思ったんですが
試合の前に対戦相手とラリーの練習するんですよね

他のスポーツではあるんでしょうかね?

JUDOを見て

JUGEMテーマ:柔道
柔道を見てて思った事。

柔道って試合が始まってすぐに上着が「ぐちゃぐちゃ」になっちゃうでしょ?あれが嫌なんですよ。

わざと「ぐちゃぐちゃ」にして掴ませないようにしたりとか、そういうテクニックなんかもあるんでしょうけどね・・・

上着の方に帯を通す穴を付ければ良いんじゃないかな?それか、単純に上下をくっつけちゃえばいいと思うんです。

ユーセイン最速!

世界陸上で、新記録キター!
大いに盛り上がっております世陸ですが、日本人というのは何でもかんでも日本語にしてしまうんですよね。これはかなり悪い事なんじゃないかと思ったんで書いときます。
そもそも世界陸上は英語で言うと「IAAF World Championships in Athletics」らしいです。
で、問題の「ウサイン・ボルト」なんですが、アナウンスを聞いてると「ユーセイン・ボゥル(トゥ)」みたいな感じに聞こえるんですよ。日本人が報道するときに勝手にローマ字読みしちゃうから「ウサイン」になっちゃうんです。
『オレはユーセインなのに・・・』
中国人選手なんかはもっと最悪で、漢字をそのまま読んじゃいますからね。
例えば110mHの「紀偉」選手なんかは「キイ」選手って言ってました。本当は「ジウェイ」って読むみたいです。
『オレはジウェイなのに・・・』
思えば日本で開催されたワールドカップ。
正式名称は「2002 FIFA World Cup Korea/Japan」で「日韓ワールドカップ」という呼び方はNGだったのに、テレビでは「日韓~、日韓~」連発でしたからねw。
一方では「日本人の英語力が低い」みたいな事言もわれてるし。
「usain」は「ウサイン」、「Apple」は「アップル」という世の中か、
「usain」は「ユーセイン」、「Apple」は「アポー」という世の中かというのは非常に重要な事だと思います。
ゆとり教育がどうのこうの言う前に、まずは世の中に蔓延っている英語をきちんとするべきではないでしょうか?
ちなみに、BRICsの中でもIT産業の発展著しいインドは英語が公用語らしいですよ。

Beijing 2008 Olympic Games

“べいじんおりんぴっく”もついに終わってしまいました。
正直なところ何か起こるんではないか(悪い意味で)と思ってましたが、とりあえず無事に終わり良かったです。
とにかくメダル授与式のアシスタントさん達が非常にお美しくて、それが何よりの収穫でした。
「チャイナドレス」というのは『ノースリーブ』が正式なスタイルなんですかね。でまあ、これが日本でやる場合は「和服」という形になると思うんですが、夏はちょっと考えた方がいいですねこれは。
思い切って袖をとっちゃいましょう。
すると『全国着物なんちゃら協会』みたいなところからクレームがくる・・・と。
日本という国はそんな国です。

カートに2個入れる

Kartまたもや
カートに行ってきてしまいました。
暑くなると行けなくなるので・・・
とは言え今日も暑かったー
(ワールドカップも熱いけど)
つゆだくだくで走ってましたよ
さて、
サーキットは相変わらず空いてていい感じ。
ボクらと12~3歳くらいの子供1人でした
その子がなかなか速いのね・・・
子供相手にマジバトルをしてしまったorz
オトナゲないかなー?
まあ、『少年の心を忘れずに』
ということで。。
今回は写真もキッチリ撮ったし

WBC

日本がWBC優勝!
やってくれちゃいましたね。
おめでとうございます。
野球というスポーツが嫌いなボクですが、
でも、うれしい。
この勢いでサッカーもがんばれ!w
さて、話によると一部の選手たちは
日本代表に選ばれたのに自ら辞退したという。
まあ、WBC自体が初めてという事もあって、
いろいろ問題があったのかもしれない。
しかし、日本代表というのは
そんなもんなのでしょうか?
オリンピック選手に選ばれて辞退??
サッカー日本代表に選ばれて辞退??
そんな事ありえないと思うのですが。。。
野球の人気低迷の理由が
なんとなく分かった気がします。
そんな野球ではまだまだ
「好き」とは言えないですね。
でも、一歩前進したのは事実です。
この一歩を無駄にしない事が大切です。

オリンピック

冬期オリンピック開催中です。
新種目も結構あってなかなか面白いです。
深夜まで見てしまいますね。
さて、日本人の成績はというと、、、
マスコミが騒いでる程良くはないですねえ。
今現在メダル0個。
こういう全体的に成績の悪い時ほど
メダル取ると英雄になれるんですけどね。
まあ、世の中そんなに甘くはないです。
出場している選手はみんな
国内で1位2位を争ってる選手な訳で、、、
日本一になるのでさえ大変な訳ですから。
「オリンピックは出場する事に意味がある」
という感じで良いですよ。

スーパーアグリF1

鈴木亜久里さんのF1チーム
(スーパーアグリフォーミュラワン)
の参戦が、正式に認められました。
お金がどうだのいろいろありまして
エントリーが認められてなかったんですが、
結局、再エントリーが認められたみたいです。
おめでとうございます。
今年も大いに楽しめそうなので良かったです。
まあ、可能性がある限り諦めずにやる。
ということが大事です。

F1日本グランプリ

特に音楽のコトばかり書く気はないので
今日はちょこっとF1について。
今年は一人の日本人ドライバーが活躍(?)している。
まあ、F1に乗っているというだけで
世界でトップ20に入るくらいの
ドライバーである事に間違いは無い。尊敬に値する。
世の中というのは結果が全てである。
その一人の日本人もこれまでもいくつもの結果を出して
数少ないF1のシートを手に入れたはずである。
逆に言えば結果を出せない人はいらないと言う事である。
このことは、どんな職業でも言える事で、
もちろん音楽業界でも、
サラリーマンでも言える事だろう。
どんなささいな事でもきちんと結果を残して、
それを積み重ねていくことによって、
また新しい結果につながるのではないでしょうか。