カテゴリー別アーカイブ: テレビ番組

ロンドンオリンピック2012開会!

昨日、一昨日とサッカー第一戦はアベックで勝利!

そんで今日は開会式でしたが相当良かったですね。演出が。
一体感というか、単純さというか、分かり易さとかそんな感じですかね。
まあ、大きなスタジアムで大人数ってなるといろいろとフォーメーションなんかごちゃごちゃ弄くりたくなりがちなんでしょうけど、そこを我慢して単純で分かりやすいゆっくりな動きというのが良かったと思います。
走って移動みたいなのもなくて、ゆっくりとぞろぞろ人が出てくる感じも良かったですね。

まあダンスはちょっと合ってなかったけどやっぱ大人数でのユニゾンは迫力あります。
楽器は太鼓だけってのも一体感を生み出す要因の一つだったと思います。
ポールの歌もそうだったけど、とにかく全体的に一体感がありましたよね。

もし東京オリンピックが来たら日本人にこんな演出できるかなあ?
詰め込みすぎてハイ!次ぎこれ、ハイ!次これみたいな展開が早くてさあ、
ちょこちょこ走って出てきて走って捌けていくみたいになっちゃうでしょう?
大きな会場ほど大人数ほど単純にゆっくり分かりやすくですね。

あと日本選手団の衣装も良かったですね。
やっぱ日の丸カラーでしょ。「日本!」って感じするもん。

パチンコ→携帯電話でゲーム?

ついこの間までパチンコのCMが多すぎって思ってたけど、地震以降ぱったりなくなって。

最近多すぎと思うのが携帯電話のゲームのやつですね。

wiiとかdsとかが売れるのはわかるんですけど携帯電話でゲームって???

年齢層が低いのか高いのか良くわかりません。

一時的な匂いはけっこうしますけど果たして5年後どうなるか?

金曜ロードショー『もののけ姫』を観て

いや~。アニメーションって本当に素晴らしいですね。


アニメーションってのは首をちょん切ったり、草木を生やしたり
何でも出来るんです。つまり、表現の制限が全く無いんですよね。

黒沢明監督が「1シーンの為に民家を壊した」
なんてエピソードがありますが、さすがに今では・・・
北野武監督でもなかなか難しいでしょう。
という事は結局どこかで妥協が生まれる訳です。

アニメーションはそんな事考える必要すら無い訳ですね。
全てを思いのままに表現できるんです。
だからアニメーションは最強なんです!

天空の城ラピュタ

やっぱラピュタですよ!
今まで見てきたアニメの中の1位がラピュタなんです。
(というか映画の中でも1位です)
この作品は、すべてにおいて完璧なんですよね。ストーリーや、音楽はもちろん、全てにおいて。
初めて見たのは小学生の頃だったと思うんですが、正直そのころは単なる冒険劇くらいの印象しかなかったです。それでも十分過ぎるくらいに楽しめる作品なんですよ。
で、その後何年か後に見直したとき、大きなメッセージに気がついた訳です。で、それから「天空の城ラピュタ」が僕の中で不動の1位になりました。
楽しくもあり重くそして深く。大人から子供まで。
これほど完成度の高い作品は他には見た事がありません。